デトックスによるダイエットで体の内側からすっきりとした状態に

体重が増える理由は色々ありますが、脂肪の増加のほか、老廃物や不要の水分の蓄積も関わっています。

老廃物は特に大腸に溜まりやすく、これによりお腹はポッコリと膨らんだ状態になります。

老廃物がずっと腸に留まっていると、腸壁が栄養を吸収する時に老廃物の成分も一緒に取り込んでしまうため、むくみや慢性疲労の原因になります。

逆に言えば、溜まった老廃物を除去すれば、お腹はもちろん全身がすっきりとした状態になるということです。

ダイエットを目的に、こういったデトックスをする人はたくさんいるようです。

デトックスの基本は、体内に残っている不要な成分を除去することです。

野菜をや果物を献立に取り入れて摂取利用を増やすこともデトックスの一つに数えられます。

デトックスに適した成分に、野菜から多く摂取できる食物繊維があります。

食物繊維には、腸壁にこびりついた老廃物をからめ取りながら便として排出されていくという性質があります。

腸の蠕動運動を促進したり、便を柔らかくしてくれる成分として、ミネラルが挙げられます。

野菜を積極的に摂取すると、大腸内の老廃物が減りやすくなり、何よりも溜まりにくくなります。

ダイエットのためにデトックスを行うことで、代謝のいい、肥満になりにくい身体になることが可能です。

スムーズにダイエットを行うためには、カロリーの少ない食材である野菜を、日々の食卓に取り入れることも大切です。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP