半身浴がダイエットによい理由と注意すべき点

ホットヨガでダイエット
風呂に入る風習は、日本ではなじみ深いものであり、健康のためや、リラックスのために行われていました。
脂肪分解に効果がある水温は42度と言われており、やや熱めのお湯に入浴することでダイエットできます。
ダイエットをしたいといっても、お風呂で熱いお湯に入っていると、湯あたりの原因になるなど、体によくありません。
ダイエットを目的として入浴をする場合、入浴時間を長くして湯温をぐっと下げる、半身浴が一般的です。
半身浴をすることで血流がよくなり、ダイエットに役立ちます。
入浴をすると体が温まるだけでなく水圧の影響で血流が促進され、代謝がよくなることでダイエット効果が上がります。
腰から下が冷えると、腰回りの皮下脂肪が増加して、お腹が出っぱって見えます。
冷えは、脂肪を増やしやすい要素となります。
半身浴によって、しっかり体を温めることで、下半身に脂肪がつくことを予防できます。
あまり長い時間お湯に浸かっていると体力を使いますので、ダイエットのための半身浴なら30分ぐらいが適当です。
半身浴は健康状態がいい時に行うようにしましょう。
疲労気味の時や、睡眠不足の時、生理の時などは、しないほうがいいでしょう。
また、食後すぐにお風呂に入ると消化に悪く、胃腸の負担があるので、時間をおいて入った方が無難です。
半身浴によるダイエットは、汗をかくので脱水症状にならないように、入浴前に水分を摂っておくことも大切です。
初心者でもダイエット効果でスッキリ引き締まった身体に|ホットヨガ初心者ナビ

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP