大企業と中小企業における新卒の採用数の違いについて

現在、新卒者の就職活動は売り手が優位だとされていますが、本当のところはどんな状況なのでしょう。

企業側が大学の新卒者を雇いたいのに応募者が少なく、現在は人材の奪い合いの状態になっているといいます。

かつて、バブル社会以後の日本は求人倍率が伸びず、大学を卒業しても働き口か見つからないという状況になっていましたが、現在はその時とは全く状況が変わっています。

ですが、蓋を開けてみると、新卒採用率は非常に高かったのは事実ですが、新卒の学生たちが入社したいと思う会社は一極集中であり、大手の一流企業に人気は集中しているのです。

多くの学生が集中する企業に採用を希望すれば自然と倍率は高くなりますので、学生の感じる苦労が軽くなったわけではないようです。

学生の応募が殺到するような企業の採用枠は横ばいか減少気味で、合計で見た時の採用枠が多くなっているわけです。

多くの学生が応募する企業の採用人数がすれば、ほとんどの学生が希望どおりの企業には採用されていないことになります。

学生が希望の仕事に入れない一方で、中小企業は人材募集を盛んに行っているのに応募者が来ないということになります。

この結果、中小企業は新卒の学生を採用することができず、大企業は応募者が殺到するといういびつな構図ができあがります。

いずれにしても新卒の採用に関しては、決して楽観視をしていられる状況ではないことだけは確かのようです。

どんなに応募可能な企業の枠がたくさんあっても、新卒者の就職活動は、採用を得るために早めの準備対策を行うことが重要になります。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP