新卒の採用で学歴フィルターの有無を見極める方法とは

これから就職活動を開始する新卒予定者の間で、最近、関心を持たれているものが学歴フィルターです。

うっかり学歴フィルターのある企業に応募すると、時間を無駄に使うだけで終わってしまうという考え方です。

学歴フィルターを設定して就職採用試験を行っているという企業は、ふえていると言われています。

正式に学歴フィルターという考え方をオープンにしている企業はありません。

しかし、学生のほうからすれば、学歴フィルターが実在しているなら教えて欲しいと思っているようです。

これからも、会社のほうから学歴フィルターについて語ることはないでしょう。

学歴フィルターが本当にあるのかどうか、この企業は学歴フィルターを設定しているのか、そういったことを学生が把握したい場合は、一体どうするといいのでしょう。

企業がこれまでにどんな人を採用してきたかで、学歴フィルターの存在をある程度推測することができます。

例えば、新規採用者の出身校がわかれば、その企業の学歴フィルターがわかります。

新卒採用者のナビサイトや、企業のホームページを閲覧し、どのランクの学生が採用されているかで、学歴フィルターが分かることがあります。

ランクの高い大学の出身者だけで新卒採用者が構成されていれば、確証はないものの、学歴フィルターの存在が予想されるというわけです。

学歴フィルターがない大学なら、様々な大学を卒業してきた人が採用されているはずです。

新卒採用時に学歴フィルターを採用している企業を回避したいと思っている人は、採用実績などの情報を活用して、見込みの乏しい企業を見極めようとしています。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP