新卒採用で重要視されるのはスキルではなく人間性

新卒の学生を採用するに当たって、人間性をポイントにしている会社は少なくありません。

何故なら、新卒の場合はまっさらな状態なのでスキルは無いというのが前提になっています。

企業の方でも何度か新卒採用を繰り返していれば、育成に関するノウハウは構築されていいます。

スキルが高くなくてもいいので、これから教えて、一から十まで自社のやり方で仕事ができるような人になったくれたほうがありがたいこともあります。

転職を希望する中途採用者ならまだしも、新卒で入った人は、社会人の常識はこれから教えればいい話です。

もちろん高学歴の方が評価されることはありますが、近年は採用方法も多様化しており、一律に大学の偏差値だけで選考すること少なくなっています。

学歴ばかりを気にして採用を決めると、あまりいい結果にならないという考えのもとで、採用者を選んでいる会社も少なくありません。

このように、新卒採用の際にはスキルや学歴は、以前ほど重要視されていないのです。

新卒を採用する際に一番重要視しているのは、実は非常に基本的なことかも知れませんが、人間性なのです。

企業が新卒の学生に求めることは、今後同じ会社の社員として価値観を共有することです。

1日の大半を一緒に過ごす社員同士として、よりよい関係を構築していける人かどうかが、新卒を採用する時には重視されていることです。

新卒で採用面接に臨む時には、自分らしさや素直さを前面にアピールするよう心掛けると良いでしょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP